固定回線でなくてもゲーマーは格安シムの2本立てでいけそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安シムを2枚契約しデュアル方式のモバイルWifiルーターやスマホで切り替えつつ使う方法で、光固定回線と同じような使い勝手のよさが実現できそうな気がしてきました。

ゲーム好きの私にとってこれまで最も問題だったのがモバイル回線の場合、いくらデータ無制限使い放題でも次世代ゲーム機でプレイするようなアクション系ゲームに関しては、光固定回線にかなわないという結論が出ている点でした。

ですから現状ではモバイル回線は光固定回線の代わりにはならない、なぜならゲーム不可だからということで諦めていたのですが、ゲーム時だけPING値の低いLTE回線に切り替えればいいのではということにふと気がつきました。

私の場合は毎日ゲームをするにしても2、3時間程度ですからその時だけ快適なLTEの使い放題SIMを使うわけです。

それ以外のネット使用は殆どネットサーフィンですから別に低速でも可なので問題ありません。例えばUモバイルのLTE定額使い放題だと3日に2Gのデータ制限はありますがゲームだけでは容量オーバーにはならないのではないかと思います。ただ急に大型アップデートがやって来たりしてオーバーしてしまったとしても、その時は低速制限がかかってしまったLTEから一般的な格安SIMに切り替えればネットは普通に使えるということです。

もちろんその間はゲーム自粛になりますが即禁断症状が出てしまうような猛烈なゲームホリックな人でもない限り、やり過ぎ防止及び気分転換になりかえってよいかもしれません。

それで、何が一番オススメな格安SIMの組み合わせなのか考えたのですが、UモバイルのLTE使い放題SIMとDMMの1000円くらいのSIMの組み合わせだとトータルでも月3000円台で固定回線に負けないネット環境が理論上構築可能となるわけなので思わずにんまりしてしまいました。

もっといい組み合わせも探せばありそうですがこの組み合わせでも私は十分満足出来ます。

モバイルの定番、WIMAX2+の唯一の欠点だと思われるPING値の高さによるアクションゲームに不向きな点をカバーして余りありそうなこの格安シムでの運用法ですが、なんだかこれから流行そうな気がします。しかも上記SIMともにクレカ以外での使用料金支払いに対応しており若年層中心に人気化しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*