未分類

キャンペーンで得をするためには抑えておくポイントがいくつかある

私はかれこれWiFiルーターを会社やプロバイダを変えながら5年ほど使っています。キャリアはイー・モバイル(現在はワイモバイル)からスタートしてドコモ、WiMAXと変えてきました。

WiFiルーターでプロバイダ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、WiMAXはMVNO方式で回線をプロバイダ会社に卸しているので、プロバイダの方で自由に月額料金やオプションが設定できます。エリアや速度は完全に一緒ですが、一番大事なキャンペーンも会社によって千差万別です。

とくにWiMAXはWiFiルーターで一番人気のあるキャリアなので参入している会社がとても多いです。キャンペーン特典はキャッシュバックがメインですが、タブレットやミニPCが対象になっているものもあります。キャッシュバックは金額で判断できますが、タブレットやミニPCは機種によってスペックが違うので、詳しくない人はジャンク品をつかまされてしまうリスクがあります。

時間に余裕のある人なら間違いなくキャッシュバックをおすすめします。大体契約してから9か月から13か月目で受け取れるようになっています。契約した時のメールアドレスに連絡がくるので、忘れずに手続きしましょう。

さて、いっぱいあって迷ってしまうWiMAXのキャンペーンですが、おすすめは比較サイトです。最新情報に基づくサイトであることが第一条件ですが、自分で探すより手間がかからず便利です。私がWiMAX(今はWiMAX2)に加入した時に参考にしたサイトをみなさんもぜひ訪問してみてください。

参考:最新WiMAX2キャンペーン特典比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

WiMAXルーターの都心での使用感

数ヶ月前から、WiMAXルーターを契約し、使い始めました。
GMO BBの契約です。契約するプロバイダや、UQ WiMAXと直接の契約でも、特に電波状況は変わらないとの事です。

我が家は都心で、大きな通りや駅が近いのもあるのか、電波は良好、無線ですし、近隣の基地局からの電波受信なので、重たい動画とか、ゲームをする人だとどうかわかりませんが、WEBブラウジング、YOUTUBEなどの軽い動画を見る程度の私には十分です。

最大で20Mpps程度でしょうか。

窓際だと良好で、家の奥の方にいくとさすがに弱まるかなという印象です。

次に屋外での使用については、場所によってまちまちです。建物の中などではやはりかなり弱くなりますし、地下鉄は全く入りません。
ですが、JR常磐線で東京から茨城県までの長い道のりで使っている間は良好でした。

やはり、屋内等ではまだまだ弱い傾向にあるのだと思います。
きっと今後、基地局が増えたりしていけば、改善されていくのだと思います。

WiFiの周波帯を、2.4Ghz帯と、5Ghz帯が切り替えられますが、5Ghz帯は電波法で屋外での使用は禁止されています。
また、パソコンやスマートフォンなどが古い機種だと、この5Ghz帯に対応しておらず、WiFiにネットワークが表示されない場合があるので、
注意が必要です。
スマートフォンで試してみましたが、何となく、5Ghzの方が速いかなというような印象です。

料金は、4千円少し支払っています。
WiFiで通信する機会が増えるので、利用する人は、スマホの契約で、7GBなどでは、なく、3GBや5GBの契約で料金を下げる事で
バランスが取れると思います。

SIM解除などをすれば、もっと安くなると思います。

これからもっと、WiMAXが安定、強化されていくことに期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

どこにでも持ち歩けるモバイルWiFiルーターは便利

今まで自宅ではADSL回線を使ってたんですが、キャンペーン期間が切れてしまったので他の回線に変えようかと思い調べてみた結果、ワイモバイルのポケットWiFiと契約してモバイルルーターをゲットしました。

他にも会社はあったんですが、現在使ってるスマホがワイモバイルだったので、セット割が適用されるってことで安く契約できたのでここにしました。

使ってみた感想ですが、普段の通信速度は速いです。
自宅での通信速度は20Mbps以上なんですが、それまでのADSLは5Mbps出るかどうかだったので、ストレスフリーの速さです。これまではネットサーフィンしてる時によく読み込みで時間がかかるって思うときがあったんですが、そういうのはまったくなくなりました。

ただ、これはあくまで平常時の話です。どういうことかというと、すぐ通信制限がかかってしまうんです。私が加入した時はそういうのがなかったんですが、2015年4月から通信量制限が出来てしまったんです。

どれぐらいで?っていうと三日間で1GBを超えたら速度が超遅くなってしまうんです。制限がかかってしまうと1Mbpsあるかないかぐらいまで通信速度が下がってしまうので、正直制限がかかってる時は動画とかの重たいものは一切観る気なくしますし、動画どころか画像の多いサイトを開くのでさえウンザリするほどです。元々ネットは動画を観るのが目的じゃなかったとはいえ、正直これは酷いなって感じてます。

解約したい所なんですが、2年縛りの契約があるので今解除すると違約金の支払いとかもありますし、動画さえ見なければなんとなる範囲なんで、現在も使ってるって現状です。

お勧めできる点はどこにでも持ち運び出来るって点です。今はスマホでテザリングっていう手段もありますが、バッテリーの問題を考えるとテザリングも使いづらいんですよね。特に充電が出来ない場所での使用ならなおのことです。

こんな感じで長所・短所があるので、ライトユーザーにはお勧め、ヘビーユーザーにはイマイチかな?って印象です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

いつでもインターネットにつながるWiMAX

デスクトップパソコンのように備え付けのパソコンでインターネット回線に繋げるのなら、常時接続を前提にした方がいいでしょう。

しかしノートパソコンやタブレットで家のさまざまな場所で用いたり、さらに外出先でもインターネットを使用したいのならWiMAXが便利になります。

外出先でインターネットに接続する方法としては、スマートホンからのデザイリングもあります。しかし使用頻度が多くなると、どうしても通信費がかなり高くなってしまいます。

WiMAXなら定額での使用ができるので、通信料を心配しなくても構いません。ただインターネットを多く使用する人とそうでない人との間には不公平感が生まれます。

そこで使いすぎると通信制限がされ、速度低下が発生する仕組みとなっています。一般的にはよほどのことがない限りが通信制限にかかるようなことはありません。

しかし、映画などのような高画質な動画を長時間視聴したり、ゲームを長時間していると、どうしても通信制限にかかりやすくなります。

通信制限は回線事業者ごとに異なりますが、短期的なものと長期的なものがあるので、制限の仕組みを理解して使用をするようにしましょう。
また外出先では無料のWiFiスポットも併用することで通信制限にかかりにくくなります。

WiMAXを使用することで、インターネットをいつでもどこでnもできるようになり、とても便利になります。

使いすぎに注意をしながら利用をすると、とても利便性を高めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

固定回線でなくてもゲーマーは格安シムの2本立てでいけそう

格安シムを2枚契約しデュアル方式のモバイルWifiルーターやスマホで切り替えつつ使う方法で、光固定回線と同じような使い勝手のよさが実現できそうな気がしてきました。

ゲーム好きの私にとってこれまで最も問題だったのがモバイル回線の場合、いくらデータ無制限使い放題でも次世代ゲーム機でプレイするようなアクション系ゲームに関しては、光固定回線にかなわないという結論が出ている点でした。

ですから現状ではモバイル回線は光固定回線の代わりにはならない、なぜならゲーム不可だからということで諦めていたのですが、ゲーム時だけPING値の低いLTE回線に切り替えればいいのではということにふと気がつきました。

私の場合は毎日ゲームをするにしても2、3時間程度ですからその時だけ快適なLTEの使い放題SIMを使うわけです。

それ以外のネット使用は殆どネットサーフィンですから別に低速でも可なので問題ありません。例えばUモバイルのLTE定額使い放題だと3日に2Gのデータ制限はありますがゲームだけでは容量オーバーにはならないのではないかと思います。ただ急に大型アップデートがやって来たりしてオーバーしてしまったとしても、その時は低速制限がかかってしまったLTEから一般的な格安SIMに切り替えればネットは普通に使えるということです。

もちろんその間はゲーム自粛になりますが即禁断症状が出てしまうような猛烈なゲームホリックな人でもない限り、やり過ぎ防止及び気分転換になりかえってよいかもしれません。

それで、何が一番オススメな格安SIMの組み合わせなのか考えたのですが、UモバイルのLTE使い放題SIMとDMMの1000円くらいのSIMの組み合わせだとトータルでも月3000円台で固定回線に負けないネット環境が理論上構築可能となるわけなので思わずにんまりしてしまいました。

もっといい組み合わせも探せばありそうですがこの組み合わせでも私は十分満足出来ます。

モバイルの定番、WIMAX2+の唯一の欠点だと思われるPING値の高さによるアクションゲームに不向きな点をカバーして余りありそうなこの格安シムでの運用法ですが、なんだかこれから流行そうな気がします。しかも上記SIMともにクレカ以外での使用料金支払いに対応しており若年層中心に人気化しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

WiFiモバイルの選び方

モバイルwifiを選ぶうえで注意しなければならないことがあります。

まずは料金を見ることが大事です。プランによってはお手持ちの機種があるだけで値引きされるかもしれません。

WiFiモバイルのルーターには容量もありますので動画などを見る人は特に要注意です。動画なんてのは一気に容量を上げてしまうため、ルーターの上限要領にすぐに達してしまいます。そうなったときにはもう使えなくなってしまうので見たりするときには容量のことも考慮して購入に踏み切ることをお勧めします。ゲームもものによっては長時間プレイなどによりすぐにいっぱいになります。ですので、気を付けて使うことです。

端末を選ぶのにもコツがあります。まずはバッテリーがいつまで使えるのかは把握しておきましょう外出先で本体はあるのに使えないなんてことになってはもっている意味がありません。ですので充電が少しでも長く続くものを購入するのが良いです。

後はサイズ的なものです。荷物になってしまったらそれはもう持っていけなくてこれまた本末転倒ですので、なるべく小型のものにしましょう。ほとんどのルーターは小型設計な作りなのですが実際に持ち運んだ時のイメージをもって買うことが大事です。

後は速度です。電波がしっかり立つかは確認しましょう受信できなかった場合にはインターネットに接続することも出来ないため、しっかり電波が通じるのかを実際にお試しで使わせてもらう野をお勧めします。外出先ですぐつなげられる便利さはありますが、注意点もたくさんあるので気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0